Florian Zeller
フロリアン・ゼレール/作

1979年 パリ生まれ。フランスの小説家、劇作家。<アンデパンダン>紙によれば“フランス文学界の最もホットな才能の一人”。22歳のときに「人工雪」で小説家デビュー。これまでに小説5作と戯曲9作を執筆。たちまちフランスの最も有名な現代劇作家の一人となった。「L’autre 他人」「Le Manège 調教」「Si tu mourais もし君が死んだら」「Elle t’attend 彼女は君を待っている」「La Mère 母」11年モリエール賞受賞)「La Vérité 真実」「Une heure de Tranquilité 平和な1時間」、は、フランス国内および国外で成功裏に上演された。「Le Père 父」は14年にモリエール賞3賞受賞(最優秀演劇作品賞、最優秀男優賞=ロベール・イルシュ、最優秀女優賞=イザベル・ジェリナス)。15年にブリガディエ賞受賞(演劇人の投票による)。またオリヴィエ賞(英国)とトニー賞(米国)の最優秀演劇作品賞にノミネートされた。ブロードウェイ公演のフランク・ランジェラ、ロンドン公演のケネス・クラナムなど、本作品に主演した俳優の多くは本国の演劇賞にノミネートまたは受賞している。「Une heure de tranquilité 平和な1時間」(A bit of peace and quiet)は主演ファブリス・ルキーニ、パトリス・ルコント監督により映画化。同監督により「父」も『フロリッド』という題名で、15年に出演ジャン・ロシュフォール、サンドリーヌ・キベルランで映画化された。また、「父」は、ゼレール自身が監督し、アンソニー・ホプキンスの主演で20年に再度映画化し、サンダース映画祭でプレミア上演された。20年11月以降、欧米での上演が決定している。「母」、「父」、「真実」、「嘘」、「飛び去る前に」などゼレールの戯曲は世界中で上演されている。そして三部作の最後を飾るのが「息子」である。アンソニー・ホプキンス主演の『ファーザー』(「父」)(5/14日本公開)では、映画監督としてデビューを飾り、アカデミー賞で作品賞を含む6部門にノミネートされ、ゼレール自身は脚色賞にクリストファー・ハンプトンと共にノミネートされた。映画監督としても高い評価を得て、現在は「息子」の映画化の準備を進めている。