好きな人となかなか会えない、会えないで冷める対処法7選!2週間~1ヶ月会わない期間の男性心理や付き合い始めから冷めないようにする方法を紹介

  • URLをコピーしました!

2週間~1ヶ月会えないで冷める経験や好きな人となかなか会えない対処法まで、7個の体験談をお届けします!

普段聞けない隣のカップルの恋愛事情を赤裸々に公開中。

恋人のことでいつも悩んでしまう方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

彼氏と会えないで冷める経験したから、冷めないための反省点とは?

好きな人となかなか会えないことがあります。その期間で好きな人への気持ちが冷めてしまう経験をしました。

その彼氏とは、出会ってまもなく遠距離恋愛の関係になってしまい、連絡のやり取りはしていました。ですが、彼氏の方が会えない気持ちを押し付けてくるような言い回しばかりをしてきたので、「この人とは関係を続けることが難しいかもしれない」と思い始めてしまいました。

そこから私の気持ちが少しずつ冷め、それが相手にも伝わってしまい関係が終わってしまいました。

その反省を生かして、別の人とのお付き合いの時、冷めないために対処したことがあります。まずは、会えなくなることがわかっていたら、会えなくなる前にできる限り一緒の時を過ごします。

次に、会えないでいる期間は、お互いの負担にならない範囲で連絡を取り合います。その時、普通の会話も大切ですが、食べたものや見た景色などの写真も添えて送り合うと、相手の状況がわかりやすいです。

それに、話のネタになるので、会話が弾まなくなって冷めてしまうということを防ぐことができます。そして、恥ずかしい人もいるかもしれませんが、相手のことを思っているという気持ちを言葉にして伝えることを心掛けた方がよりいいです。

好きな人と会えないで冷める前に、やって欲しいこと!付き合った理由を明確しよう

恋人と冷めないためには、恋人と付き合った理由をなんとなくではなく明確に理解しておくことが必要だと感じます。

恋人のどこが好きで、どんなところを尊敬していて、こんなところは少しきらい。なんとなくで付き合っていると、恋人に冷めかけたとき「なんでこんな人と付き合ってるんだろう」と感じ、そのまま冷めてしまいます。

ですが理由が明確であると「なんでこの人と付き合ってるんだっけ、ああそうだ、彼のこうゆう所が好きで、こうゆう所に尊敬してるから一緒にいたいと思ったんだ」と気づけます。

その時に自分の好きだと思ったところが今も変わらなかったのなら昔も今も変わらず彼のこうゆう所が好きだから一緒にいたいと思えます。

忙しいなど、当人が何とかしたいと思っていてもどうにも出来ないことは付き合っていく上で必ず生じます。付き合った理由を明確にすることで、問題が生じても、冷めるのではなく一緒に解決しようという意思が生まれると私は思います。

恋人と冷めないための対処法!好きな人となかなか会えないで冷めることがないようにしよう

好きな人となかなか会えなくて冷めたことはないです。

むしろ会えない時間があるからこそ、会いたい気持ちが強くなることが多いです。最近の世の中は特になかなか会えない人もたくさんいたと思います。好きな人だったらいますぐ会いたいと思う気持ちも素直にあるけど、会えないなら会える日を楽しみにするのが日々のモチベーションに繋がります。

また恋人と冷めないための対処法は、普段から少しでいいのでスキンシップをすることです。手を繋いだりハグをしたりとなんでもいいので、お互い触れ合うことで異性の関係性でいられると思います。

なにもない日々ばかりだとどこか気持ちが冷めたり、違う方へと刺激を求めてしまうこともあるかもしれないです。なのでスキンシップをすることは大事かなと感じます。

お互い一緒にいることや恋人でいることが当たり前になってしまうからこそ、感謝の気持ちをしっかり言葉にすることです。相手に伝わるようにするのも大切です。

2週間会えないで冷めることは悪くない!次に運命の人がまっているかも

付き合ってから2週間で冷めて、お別れした経験があります。

元々、自衛隊にいた彼ですが、中々会えないこともわかっていましたが、アプリで知り合い同い年で1度のみにいくとノリも合いいいかなぁと思った矢先にわたしに好きな人ができました。

ていうのも1週間に1度のみ会い、軽い気持ちで交際に至たったためそこまで深い関係を求めてはいませんでした。

ですが相手はすぐに親に紹介しており、びっくりしてしまいました。ですので、なぜかそこで冷めてしまい私には合わないなとすぐにわかりました。でdすが、別れる理由もなくそのままお付き合いしておりましたが、私に好きな人ができ、お別れいたしました。

ですが、今ではその好きになった人と結婚をする予定です。あの人が運命かもしれない、別れなければと思う人もいるかもしれませんが、私は星の数ほど男性も女性もいます。そこで出会えたことは、奇跡ですし、別れたことも必然なのです。

次に出会う人が運命かもしれないので、別れたことに、罪悪感など抱く必要はないかと思います。

1ヶ月会えないで冷めるあなたへ!お互い顔を見せてやり取りをすると長続きします

大学時代に同じ学生を好きになりました。夏休みになりなかなか会えない期間が増え気持ちが少しずつ冷めて行きました。

2週間を過ぎたあたりぐらいからちょっと気持ちに変化があったように思います。あえなくなって2週間まではあいたくてあいたくてたまらない気持ちでした。しかし2週間過ぎてしまうと少し気持ちが薄れて忘れていってしまっていました。

しかし2学期が始まると彼を見た瞬間また最初のようなときめきが戻ってきました。そしてまた好きになっていきました。無事にその彼と付き合うことができました。しかし彼は就職で県外に行ってしまったため遠距離になってしまいました。

その時は1ヶ月に1回位しか会えないようになりました。とにかく気持ちが冷めないために心がけていた事はLINEだけでのやりとりではなく、お互い顔を見せてやり取りをすると言うことです。テレビ電話を意識してするようにしていました。

また現代社会において手紙を書く機会はあまりないと思うのですが私は変化を求め、何とか手紙を送りました。それには彼はとても喜んでいました。その彼とはその後も文通も続け無事に結婚することができました。

会えなくなって好きになる!自分から追いかけるような相手を選ぶことが大事だとわかりました

学生時代に付き合っていた彼とは東京と広島間の遠距離でなかなか会うことができませんでした。

会えるとしても私はあまりお金がなかったため、飛行機のチケットを買うのが厳しく、彼が来てくれるときだけに会うという形をとっていました。

最初の方はわざわざ東京から来てくれるのが嬉しくて、久しぶりにできた彼氏だったこともあり、気持ちが高揚していましたが、3ヶ月程すると自分の勉強などが忙しかったこともあり、段々と冷めてきました。

自分が熱しやすく冷めやすいタイプだったので、遠距離恋愛なら丁度良いドキドキを保てるのではないかと思いましたが、結局長くは続きませんでした。

そこで学んだのは気持ちが冷めないために大切なのは自分から追いかけるような相手を選ぶということです。会う頻度や時間は関係ありません。大好きな相手であれば、なかなか会えない日々が続いてもきっと耐えられます。

ただ、相手はそうではない可能性があるので、会えなくてもできるだけ相手が求める連絡ペースに合わせるようにするといいと思います。

会うと好き、会わないと冷める私の冷めないためのテクニックを公開!

私はなかなか会えないとき、半年くらいで冷めてしまった経験があります。

彼とは遠距離恋愛で、月に一度会えれば良い方でした。ひどいときは二ヶ月に一度しか会えず、辛い日々を過ごしていました。彼は仕事が忙しく、休みの日であっても、急に出勤になってしまうことがほとんど。

平日は仕事、土日はどちらか必ず仕事だったのです。「週一度は休みがあるんだから、会ってよ」と言いたいところです。しかし、休みの日にやらなければいけないことなどがあるのでしょう。

貴重な休みを私に割いてくれることは、ありませんでした。最初は健気に待っていた私ですが、半年経った頃、「これって、付き合っている意味あるの?」と疑問を抱きました。

急に気持ちが冷めてしまい、それから連絡が徐々に減り、自然消滅してしまいました。この件で、「私はあまりにも会えない人とは、合わない」と感じました。

それからは、適度に会える人とお付き合いするようにしていますが、とても良い関係を築くことができています。

まとめ

付き合い始めから会えないで冷めないようにする方法など、アンケートから選ばれた体験談をお届けしてきました。

恋愛は、楽しいライフスタイルをおくるために、とっても大事なもの!

この7個の体験談が、あなたの恋愛生活に少しでもお役に立てれば幸いです。

関連記事はコチラ↓

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる