長続きするカップルのLINEの頻度、付き合ったあとのLINE術9選!毎日するLINE内容から高校生や社会人カップルのラインの長続きの秘訣を公開

  • URLをコピーしました!

長続きするカップルのLine頻度から付き合ったあと毎日するLineの内容など、9個の体験談をお届けします!

普段聞けない隣のカップルの恋愛事情を赤裸々に公開中。

恋人のことでいつも悩んでしまう方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

長く続くカップルのLine頻度や活用術を紹介!

好きな人と付き合うことが決まったら、できる限り長続きしたいと思う人がほとんどだと思います。

今の時代のカップルの普段のやり取りは、基本的にLINEが主流です。なので、LINEの内容や頻度をどうしたらいいのかに悩むものです。

私もLINEでのやり取りが難しく、付き合っている相手とギクシャクしてしまうこともありました。だからこそ、長続きがうまくいくようにLINEを活用してみたことをお話します。

1つは、LINEの内容や頻度については、付き合っている相手と相談して決めました。LINEの内容や頻度は、人によって異なってきます。だからこそ、この部分でうまいかないカップルが多いと思います。なので、話し合ってお互いのやり方をすり合わせた方が長続きします。

もう1つは、LINEを共通の日記のように活用する方法です。会える頻度はカップルによって様々ですが、仕事をしている社会人同士なら毎日のように会えるわけではありません。

なので、LINEでする会話でお互いの生活をしていったり、気持ちを確かめ合ったりします。LINEは文章だけじゃなく、ボイスメッセージ、写真・動画など様々なものを共有できます。

そのツールを上手く使い、会えない時のやり取りを充実させると必ずやってくる倦怠期を上手く乗り越えられて、お付き合いが長続きするように思います。

付き合ったあとのLineは、相手と歩み寄り価値観を擦り合わせることが大事!

以前韓国の方とお付き合いしたことがあり、日本と韓国の遠距離で2年間恋愛をしていました。

その時大切だなと思ったことは、LINEのビデオ通話で日常を共有することと、お互いに不安な気持ちにさせないことです。

遠距離で会える時間が少ない分、一人でどこかお出かけに行った時に景色を見せてあげたり、お互い家でご飯を食べている時にずっと電話を繋げておいたり、オンラインデートを楽しみました。

ほぼ毎日何時間も繋げていましたが、LINEのビデオ通話はどれだけ話しても無料なので、この時代に生まれて良かったなと思いました。また、遠距離は見えない部分が多いのでお互いの不安を取り除くため、LINEで頻繁に「今○○しているよ」と連絡を取っていました。

お互いの負担にならないよう追いLINEはなるべくせず、自分から今の状況を報告してあげることで、いつも相手の存在を大切に思っていることが伝わると思います。

もし近距離恋愛だった場合は、ここまで頻度高く連絡は取らず適度な距離を保った方が上手くいくかもしれません。LINEや電話を含め、コミュニケーションの取り方は人それぞれ違うので、相手とお互いに歩み寄り価値観を擦り合わせることが何より大切です。

長く続くカップルの秘訣!細かいことをあまり気にしないLINE連絡がポイント

わたしは現在五年以上付き合っている恋人がいますが、今も昔も変わらず仲良しです。

LINEは今も昔も、お互い簡潔に自分が今日あったことや明日の予定、また、次の日会う予定があるならば次の日の自分達のデートに関する打ち合わせを話す程度で、全くどうでもいい話を永遠としているようなことはありません。

なのでどちらかがスタンプを送って一旦会話が終了することはよくあります。しかし次の日になればおはようというスタンプを送ったりお疲れ様というスタンプを送ったりするので、特にお互い既読がついたのに返信がない!といった感覚は全くないように感じてます。

どうでもいい会話をダラダラしないと言いましたが、たまに自分が食べたご飯やスイーツの写真を撮って適当に送ったりだとか、今の様子を写真に撮って送る、という意味のないやりとりはしたりします。

LINE電話は昔はよくしましたが、今は用がある時に少しする程度です。変わってしまった、とショックを受けたりはせず、変わるものだろうと考え、特に気にしていません。細かいことをあまり気にしないことが、LINEのコツかもしれません。

長続きするカップルLineは、どんなにお互い忙しくても◯◯をすること!

長続きするカップルのLINEは、どんなにお互い忙しくてもおはようやおやすみのLINEをすることです。

内容のある濃いLINEをするとかではなくて、ちゃんと毎日朝起きてLINEを送ることと、寝る前におやすみの連絡をすることがお互いにいい関係性を築いていくように感じます。

なかなか毎日するのは難しくても、朝と夜は少し時間をさいて送ることが大切です。会う日でも会えない日でも小さな連絡がとても重要になるかなと思います。

またお互いに休みの日や時間がある時などは、ゆるいやりとりをするのもおすすめです。最近あった面白いことやびっくりしたこと、スタンプでのやりとりなどたまにそんなLINEをするのも良いです。お互いリラックスできて癒しの時間になるはずです。

あまりLINEするのが得意ではない人も、おはようやおやすみの連絡はとるべきです。文字でもいいしスタンプでもいいと思います。欠かさないことで信頼もできるはずです。

カップルの毎日Lineは、1日1回以上!付き合い始めから1年以上続けてます

私は今の彼と付き合って1年以上経ちます。私も彼も今までで1番長く付き合う期間が長く続いてる状態です。

日常のLINEの内容としては、おはよう、おやすみだけの日もあれば今日は〇〇した。楽しかった。とその日の出来事を細かくLINEする日もあり、内容は幅広いという感じです。

頻度としては1日1回以上はどんなに忙しくても必ずLINEのやり取りをするようにしています。特徴としては、連絡が遅いからといって催促したり、悪いことを予想して叱りつけるような内容は送らないよう、気をつけています。

誰が見ても傷つかない言葉を選んでお互いLINEをしていることが長続きしている秘訣なのかもしれません。顔が見えないからこそ、さまざまなことを考えてしまいがちですが、へんに予想せず気軽なやり取りであるということが特徴だと感じています。

また、メッセージを送り合うだけではなく電話やテレビ電話も週に1回以上はするようにして、世間話や日々の出来事について共有し、LINEをすることによって少しでもリラックスできるように活用しています。

長続きさせるためテクニック!社会人カップルのライン頻度を教えます

LINEを長続きさせるためにまず重要なのは相手の返信の間の時間や頻度に合わせるということです。

勿論、社会人になると仕事や勉強などで長時間返せないときは仕方ありません。お互いLINEができないという時間帯は示し合わせておく必要はあると思います。

もし忙しい時間帯に何度もLINEがきているといくら好きな人とはいえどうんざりしてしまいます。しかしLINEの頻度が多かったり、すぐに返ってくる相手の場合は相手に合わせる必要はないと思います。

こちらが疲れてしまうからです。その場合はきちんと自分があまり頻繁にLINEができないこと、すぐに返せないことは伝えておきましょう。

好きな気持ちが弱いと勘違いされてしまうことがあります。

私は朝1回と夜に2~3回LINEのやりとりをするというのが1番長続きしました。あまり多いと飽きてしまいますし、今日あった出来事を報告したり、たわいもない話をするには丁度いい回数だと思います。

できるだけ少ないやりとりの方が特別感がありますし、お互い気持ちを盛り上げることができます。

長く続くカップルのLineは、◯◯なLINEをなるべくしないことでした!

長文のLINEはなるべくしないのが交際が長続きするポイントです。

考えずにさっと送れる「おはよう」、「おやすみ」等の挨拶や、次会う日時の確認等、LINEでの会話は最低限に済ませ、実際に会ったときに会えない時間に起きた出来事や、話したかったことを話すというスタイルの方が、会っている時間の会話が濃くなります。

また、LINEで日常の報告等を都度行うようになると相手への連絡が義務化されてしまい窮屈に感じたり、返信が面倒になってしまう傾向があります。

特に平日は仕事前の慌ただしい時間や、仕事後の疲れた時間に長文のLINEを読むのも送るのも疲れてしまうので、込み入った話はなるべくしないように心がけています。

また、愚痴はなるべく彼氏には言わず、同僚や友人など、他の人に聞いてもらい、消化するように心がけています。職場や友人に対する愚痴は同性の方が理解してもらえるので、わざわざ彼氏に話す意味もないかな、と思っています。

5年間続いている秘訣!社会人のカップルラインの内容とは?

私が今の社会人の彼氏と5年間続いている秘訣をお教えします。

彼氏と彼女といっても、それは一つの人間関係であることには変わりありません。ですからLINEひとつのやりとりに関しても、普段、友達や家族とのコミュニケーションで行き違いが生まれないよう無意識にしていることを、彼氏にも行うことが、実はとても大切です。

具体的には、「既読無視を気にしすぎない」。誰だって恋人のLINEに既読がついて2、3時間返信がないと、「他の女の子と会っているのかも」「嫌われたのかも」と不安に思うでしょう。

しかし、仲の良い友達や兄弟とのLINEで既読がついて2、3時間返信がないときは(緊急時を除いて)さして気にせず「今忙しいのかな?」と思えるものです。

この友達や家族に持つマインドを、恋人にも持つというのがLINEのやりとりで不安にならない秘訣です。そうすることで、恋人が信頼できますし、自分にも余裕が持てるので、喧嘩になりにくくなります。

ぜひ実践してみてください。

カップルのラインで長続きして結婚した秘訣!ルールを決めない

今の主人とは、学生の頃からの付き合いで、10年の交際を経て結婚しました。

長続きするカップルは、自分自身がそうであったように、LINEは手段であって目的ではないと考えて行動しているように思います。

直ぐに破局するカップルや喧嘩をしてしまうカップルはLINEが目的になってしまい、窮屈になってしまっているのではないでしょうか。

LINEは、恋人と連絡を取りたいとき、コミュニケーションをはかりたいとき、気楽に行う行為(手段)なのです。

気軽で便利なツールだからといって、付き合っていて「毎日○回以上LINEする」などルールを決めるのは絶対に避けた方が良いでしょう。

ルールを守れないと、守った側は相手に批判的になってしまうし、守れなかった方も申し訳ないという気持ちになります。互いにストレスになり、別れや喧嘩に繋がってしまうのです。

私は主に、コミュニケーションを取りたいときに主人にLINEします。今日食べたランチが美味しかったこと、次は主人と一緒に行きたいこと、可愛い服を見つけたことなど、他愛ない内容ばかりです。返事がくることもあれば、来ないこともあります。それはそれでいいのです。

相手にどうしても伝えたいことは、直接伝えた方が良いと思います。声に出して言われた方が相手の脳に残るからですLINEを気楽に使えるコミュニケーションツールとして割りきって用いることが長続きするコツだと思います。

まとめ

高校生や社会人カップルのラインの長続きの秘訣など、アンケートから選ばれた体験談をお届けしてきました。

恋愛は、楽しいライフスタイルをおくるために、とっても大事なもの!

この9個の体験談が、あなたの恋愛生活に少しでもお役に立てれば幸いです。

関連記事はコチラ↓

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる